唐木仏壇は(株)井上へ
唐木仏壇・井上仏壇店のホームへ唐木仏壇とは井上仏壇店特選の唐木仏壇唐木仏壇の修理・お洗濯唐木仏壇をご購入されたお客様の声唐木仏壇のお手入れ

滋賀県彦根市の(株)井上へのお問い合せはこちらから
▼仏壇・仏具のお手入れ
唐木仏壇のお掃除のすすめとやり方
三具足/五具足/輪灯/おりん等のお磨きの手順


このホームページの
文字を大きくする方法

井伊直弼のかご修復事業ブログ
滋賀県彦根市の(株)井上のお店のご案内
滋賀県彦根市の(株)井上のリンク集
滋賀県彦根市の(株)井上のサイトマップ お仏壇総合サイト 井上仏壇店

唐木仏壇のお掃除のすすめとやり方


このページを印刷して保存するには...
右のアイコンをクリックすると、PDFのページが開きます。

お掃除の時期… 大掛かりなお掃除
お正月、お盆、春と秋のお彼岸前の合計4回。最低でも2回。
普段のお掃除
ホコリが目立つ時、仏壇専用毛ばたき(以下毛ばたき)や布でその部分だけを掃除して下さい。
お掃除道具… 毛ばたき、布、艶だし液、白手袋
毛ばたきの毛の落ちるもの、芯の出ているものは、仏壇・仏具に傷をつけるので、新品に交換を。
毛ばたき:小336円、大945円
布:283円、布+艶出し液のセット:735円

  1. 白手袋を両手にはめ、すべての仏具等を仏壇から取り出します。
    ポイント!元通りに戻す自信のない方は、あらかじめ写真を取るか、仏具のまつり方の図を参考にして下さい。

  2. 汚れがひどい場合
    布をお湯に浸し充分に絞って拭き、すぐに乾いた布で拭き取り。
    汚れがひどくない場合は、2をとばして3へお進み下さい。

  3. 毛ばたきで、仏壇の上側からホコリをはたきます。

  4. はたいた後。乾いた布で丁寧に拭く。汚れが取れにくい場合は、艶出し液を布に少量付け、伸ばすように拭いて下さい。
    ポイント!ロウソクや線香の油煙が付き易い箇所や手の油が付き易い扉、障子のふち等は艶出し液を付けないと取れない場合あり。

  5. 続いて、仏具。木製仏具の塗りの部分(金箔・金粉部分はダメ)や三具足・五具足・輪灯等の金属仏具で汚れがひどい場合は、2と同様に拭き取って。
    ポイント!瓔珞(ようらく)や仏具の金箔、金粉部分は取れやすい。
    拭かずに、毛ばたきでやさしくはたく。
    汚れがひどくない場合は、5をとばして6へお進み下さい。

  6. 汚れがひどくない木製仏具は上記3,4の工程を行って。
    ポイント!金箔・金粉部分ははげやすい。毛ばたきではたくだけに。

  7. 金属仏具(三具足・五具足・輪灯等)。色付け(黒っぽい色)や金メッキ・セラミック加工の有無でお手入れが異なります。
    ■色付け(黒っぽい色)や金メッキ・セラミック加工をしてあるもの。
    三具足・五具足・輪灯等は乾いた布で拭くだけ。艶だし液や真鍮磨きは使わないで。表面加工が剥がれます。
    ■色付け、金メッキ・セラミック加工をしていないもの。
    お磨きが必要です。真鍮磨き等をお使いください。
    ポイント!当店では、お仏壇ご購入が1985年頃以降のお客様には、大抵金メッキ加工済の仏具をお持ちしています。鳴り物仏具は、音の関係上、金メッキ加工していませんのでお磨きが必要です。2001年以降は、りんも原則セラミック加工していますので、磨かないで下さい。磨いて良いかわかりにくい時は、当店へお問い合わせ下さい。お磨きのやり方は別記してあります。

  8. 掃除完了。仏具を元あった場所に戻す。掃除で金粉・金箔がはげたり、塗りにキズがついたりした場合は当店へご相談下さい。責任を持って修理させて頂きます。
    ポイント!井上仏壇店・出張お掃除サービス(2人3時間31,500円)も好評実施中です。ご利用ください。掃除・修理係 電話0749-22-1587
 

▲上へ


| ホーム | 唐木仏壇とは | 特選唐木仏壇 | 洗濯・修理 | お客様の声 | お手入れ | お問い合せ |
| 仏壇目利き会 |お店のご案内 ||リンク |
Copyright(c) INOUEBUTUDAN,Inc. All rights reserved.
info@karakibutudan.com