唐木仏壇は(株)井上へ
唐木仏壇・井上仏壇店のホームへ唐木仏壇とは井上仏壇店特選の唐木仏壇唐木仏壇の修理・お洗濯唐木仏壇をご購入されたお客様の声唐木仏壇のお手入れ
| 唐木仏壇とは | 製造工程 | 唐木仏壇の産地 | 工法の違い | 国産と海外製品! | お仏壇の寸法 |

滋賀県彦根市の(株)井上へのお問い合せはこちらから

このホームページの
文字を大きくする方法

井伊直弼のかご修復事業ブログ
滋賀県彦根市の(株)井上のお店のご案内
滋賀県彦根市の(株)井上のリンク集
滋賀県彦根市の(株)井上のサイトマップ お仏壇総合サイト 井上仏壇店

唐木仏壇とは


明治時代に入り浄土真宗系以外の宗派で、各宗派の持ち味を出そうと作られたのが唐木仏壇です。唐木仏壇は金仏壇と違って金箔などの豪華な装飾があまりな く、その代わりに木目の美しさが生かされているのが特徴です。黒檀・紫檀・鉄刀木などの唐木のほか屋久杉・桑・欅・桜などの素材も使われます。現在、徳島・静岡・会津などの産地で生産されています。

唐木仏壇の名称

徳島県唐木仏壇協同組合連合会資料より抜粋

唐木仏壇に使われる銘木

唐木仏壇は、黒檀・紫檀・鉄刀木などの外国から輸入されたいわゆる唐木を用いて作ります。
代表的な銘木は、

黒檀 [こくたん] 【産地:インドネシア】

黒檀黒檀という場合、実際には本黒檀、縞黒檀、青黒檀などがあり、本黒檀は本来インド・スリランカで産出される漆黒の材料をさす。現在の産出量は極めて少ない。これに対して、縞黒檀は現代の代表的な黒檀であり、仏壇で使われる黒檀もこれである。
戦前から今日までインドネシアのスラウェシ島で産出されるものが最も有名である。
乱伐により、以前よりも入手困難な貴重材となりつつあります。


紫檀 [したん]
 【産地:ラオス、タイ、ベトナムなど】

紫檀黒檀と同格の銘木である。紫檀は正倉院御物にある唐木細工の中で最も多く見られるものであり、古くから珍重されてきた。かつて紫檀の呼称が混乱していたことがあり、現在でも仏壇店で本紫檀、手違紫檀、パーロッサなどがすべて紫檀として扱われている状況も存在している。現在では大木は少ない。


鉄刀木 [たがやさん]
 
【産地:東南アジア、アフリカ、中米、西インド諸島など】

鉄刀木 造林によってアフリカでも産出される。鉄刀木は比較的容易に造林できるので、明治時代には台湾で植えられている。鉄刀木をどうして「たがやさん」と読ませるのかははっきりしていない。辺材は単黄白色で、心材は紫黒色、黒褐色である。辺材と心材の色の差は明瞭。


(徳島県唐木仏壇協同組合連合会資料より一部抜粋)

他に、屋久杉・桑・欅などの銘木といわれる日本の木を用いて製造する仏壇もあります。

シャム柿シャム柿 [しゃむがき]
中南米から中央アメリカに分布する木で余り大きくなりません。色は黒檀に似ています。柾目に縞が入りバブル模様を描きます。均一木質でなく交差木目が特徴で、削り仕上がり面は美しく、ツキ板加工によく耐えます。

黄王丹 [きおうたん]
原産地は、熱帯地区において産出され、堅い材料の部類に属します。材料の色目は、黄色味を帯びているために、黄王檀とも呼ばれ仏壇を主体に使用されています。加工性は黒檀・紫檀よりも優れているといわれています。

パーロッサ
パーロッサはマメ科の紫檀の一種で、ギターのネックから仏壇までその高い耐久性と磨くと現れる美しい光沢により工芸材として広く使われます。返心材の差は明瞭で、辺材は白っぽい淡色、心材は赤紫褐色から紫色を帯びた暗褐色を呈し、黒紫色の縞模様をもつ。木理は交錯し、木質は緻密であるが肌目はやや粗い。磨くと美しい光沢がでる。重硬のため対朽性は極めて大きい。

胡蝶丹 [こちょうたん]
南アメリカを原産国とするムラサキ科オリーブウォルナットのことをいいます。アメリカでは黄金丹の一種とも呼ばれています。偏在は白色、心材は暗褐色〜濃褐色の縞模様。
屋久杉屋久杉 [やくすぎ]
屋久島の標高五百メートルを超える山地に自生しているスギで樹齢千年を超えるものが特に屋久杉と呼んでいます。スギは五百年余りが寿命といわれていますが、屋久杉では二千年を超える巨木が見られます。
ゆっくり育つ屋久杉は材質が緻密で樹脂分が多く、腐りにくいので成長が遅いのですが、スギとしては長寿なので巨木になるといえるようです。
桑 [くわ]
桑が樺太、北海道から九州にいたるまで自生しているが、銘木として使われる材は極めて少ない。年輪が緻密で美しい杢目と粘りがある「島桑」が特に良材として知られている。目が細かく材が美しいことから、江戸時代より江戸指物などに用いられてきた。
欅本欅 [ほんけやき]
欅は寿命も長く、その気高く雄々しい樹形は、生命力を感じさせます。材は、堅く重く、色合いも黄色味をおびた美しいオレンジ色をしています。また、杢目の豪快さが美しい仙台箪笥やお椀、お盆などの器類、建築では大黒柱や装飾材として使われています。お腹の芯にまで響き渡る、あの和太鼓の重低音も、この欅だからこそ出せるのです。
槐槐 [えんじゅ]
えんじゅはマメ科に属する落葉樹で樹高は15m、直径は60cm程度。山野に自生し、国内では主に北海道で産出される。関東以北では古くから鬼門除けとして植栽されてきた。

お仏壇に使われる主な材料の産地


 

▲上へ


| ホーム | 唐木仏壇とは | 特選唐木仏壇 | 洗濯・修理 | お客様の声 | お手入れ | お問い合せ |
| 仏壇目利き会 |お店のご案内 ||リンク |
Copyright(c) INOUEBUTUDAN,Inc. All rights reserved.
info@karakibutudan.com